生命力を重視した森林

クヌセンルンの森林地区は、196ヘクタールのウーレホルトの森、18ヘクタールのウアビュの森、11ヘクタールのホウマンの森という計225ヘクタールの3つの森林保護区から成ります。そのうち4.4ヘクタールが、今日も手つかずの森として残されています。

農業分野において、森林土壌は豊かな生命力と偉大な生物多様性を特徴としています。例えばウーレホルトの森は、青いアネモネや7種類の蘭を含む、豊かな植物相から成っています。また、ウーレホルトの森は、多くの珍しい鳥や蝶が棲息することで知られており、樹齢400年のオークや先史時代の巨石墳墓もあります。

ウーレホルトの森は、ウアビュ川によって二分されており、その小川はブラウントラウトの産卵域として国際的に指定されています。このように、この森は私たちの農地と同様、有機原則に従い、人口肥料や化学スプレーを使用せずに管理されています。

森林は、カエデ、トウヒ、オーク、ブナ、トネリコ、クロベ、そしてオランダオークといった高い木が大半を占めています。また、小規模ですがクリスマスツリーや装飾用の緑樹なども有機栽培されています。