クヌセンルンの耕作農業

ロラン島は、多くのマナーハウスが最も隣接する場所です。良い土壌とロラン島の温暖な気候は耕作農業に最適で、すでに中世の時代から多くの人たちを養ってきました。

ロラン島の他の場所と同じように、クヌセンルンの土壌も非常に農業に適しています。土壌は、JB6と呼ばれる砂壌土とJB7と呼ばれる純粋な粘土質の土壌から成り立っています。

クヌセンルンでは、良好な生育条件を活用して高品質の食糧生産をするために、2007年7月1日より有機農業への転換を図りました。

クヌセンルンの耕作農業は、650ヘクタールの土地に家畜のための有機飼料やオーガニックのエーランド小麦、スペルト、小麦、ライ麦、オーツ麦、大麦、シロツメクサ、食品企業Ardo/Frigodan向けグリーンピース、冬そら豆、種収穫のための飼料用大根などを栽培しています。

また、クヌセンルンでは新しい作物も小規模で栽培しています。食糧農業漁業省の支援を得て、ロラン島のレーズンと呼ばれるロラン島古来のグレーえんどう豆を交配させ、また、同省の支援の下、農村開発のための欧州農業基金により2015年6月15日にはロラン・ファルスタ島起源のリンゴ種のためのジーンバンクも発足しました。

クヌセンルンの耕作農業は、マネージャーのヨエン・クロスタ、耕作森林担当のライフ・オルセンとパレ・ニールセンの優秀なチームが担当しています。