ザ・ネイティブ・クッキング・アワードは、デンマークで唯一の国際ガストロノミーコンクールです。年に一度、クヌセンルン・マナーハウスにて開催されます。五カ国がそれぞれ4人のシェフによるグループを作りコンテストに参加しますが、各シェフはミシュランレベルか、同等の高いレベルのレストランでの経験が必要とされます。

コンテストでは、特に地域の食材と自然との交流に重きをおいています。シェフはクヌセンルン・マナーハウスをはじめとした周辺の地元生産者が提供する素材を使用して料理を作ります。

ザ・ネイティブ・クッキング・アワードは、屋外で開催され、各チームは三品のコース料理を作って審査員の評価を受けます。一日の流れの中で、シェフたちは素材を求めてクヌセンルン周辺を自由に探索できます。

コンクールの最初に、各地チームには自転車とクヌセンルン周辺の野草やハーブの情報が書かれた紙を受け取ります。そして、地域の植物が料理に使われるかどうかは、各チーム次第です。

パコジェットや真空調理抜きで

参加者は、事前に条件として提示されない限り、コンクールに先立って準備をしておくことはできません。従って、コンクールは当日、会場で高度なキッチン機材や事前に準備されたものやテクニックなしで競われます。

ザ・ネイティブ・クッキング・アワードは、参加シェフの素材に対する知識、職人技のスキル、協力と創造性が高い次元で要求されます。すべての参加者は、大きな時間の制約の中、ロラン島やファイ島など地元の食材を使い、ハイレベルな料理を作り出し、整えることを競います。

ザ・ネイティブ・クッキング・アワードに加えて、ご観覧の皆さんには、クヌセンルンで開催されるファーマーズマーケットもお楽しみ頂けます。

私たちは、クヌセンルン・ファームショップが提供しているような、農家や生産者からの最高の食体験をして頂きたいと思っています。

マーケットでは、地元の生産者が食への情熱、品質や自然といったそれぞれのストーリーを持った特産品を展示販売します。

コンクールを行うことになった時から、地元の農家に、彼らの最高の特産品を紹介する場を作りたいと考えてきました。2015年からは、地元以外のエリアのオーガニック農家や生産者の特産品も紹介しています。こうした、ロラン島・ファルスタ島以外の製品も、クヌセンのファームショップで取り扱っています。

来園のご案内

コペンハーゲンおよびスウェーデンより

高速道路E47をRødby方向へ。Mariboで降りたら、右へ曲がってRoute 9のTårs方面へ。Stokkemarkeまで来たら、Knuthenlundの表示に従ってください

ドイツからRødby経由で

高速道路E47をMaribo方向へ。Mariboで降りたら、右へ曲がってRoute 9のTårs方面へ。Stokkemarkeまで来たら、Knuthenlundの表示に従ってください

ドイツからGedser経由で

Gedser Landevej 271をNykøbing Falster方向へ。そしてRoute 9のTårs方面へ。Stokkemarkeまで来たら、Knuthenlundの表示に従ってください

宿泊のご案内

ザ・ネイティブ・クッキング・アワードにお越しの際は、以下の宿泊施設をご紹介します。

 

クヌセンルン・マナーハウス

クヌセンルンはブレエコップ村の放棄によって、1729年クヌセンボー郡により作られました。しかし、1913年になると、クヌセンボーは酪農家のJ. P. H. ハンセンに売却することを選択します。J. P. H. ハンセンは、1903年に自身の作ったチーズで賞を受賞し、その結果、この不動産を購入するに十分な資金を持ち合わせていました。

現在では、この地で四代目にあたるスザネ・ホウマン‐シモンセンがクヌセンルンを所有しています。スザネの家族は、何世代にも渡り、ロラン島・ファルスタ島の地元の酪農生産に携わってきました。加えて、スザネの曽祖父はクヌセンルンを買う前にアヴェド農園を所有していましたし、曽曽祖父はファルスタ島で酪農家をしていました。

同様に、祖父モーテン・イヴァル・ホウマン‐ハンセンも、 最初は地元ストッケマーケの酪農協同組合の会長として、後にマリボで酪農生産のイニシアチブを執るなど、地域の酪農生産に貢献しました。

2007年7月1日以降、クヌセンルン農園はオーガニックに転換し、以来デンマーク最大の有機栽培農家のひとつとなりました。現在、クヌセンルンではすべてがオーガニック生産で行われています。2009年には乳製品製造所を再開し、ヒツジや牛のミルクのチーズやヨーグルトを伝統の手法で手作りしています。

最近ではラム肉や原種の赤デンマーク牛、そして原種の白黒まだらのデンマーク・ランドレース豚の精肉・シャルキュトリー製品シリーズも販売しています。

今日、デンマークの原種だけでなく、生物多様性や古来のデンマークの植物品種も、クヌセンルンの生産において重要な役割を果たしています。酪農家であるスザネの夫、イェスパー・ホウマン‐シモンセンは酪農と食品生産の両方を管理しています。

農業と食品生産に加え、クヌセンルンではカフェや会議室、カンファレンスルームを併設した大規模なファームショップもあります。ファームショップでは、ガイドツアーをはじめ、イースターマーケット、セント・ジョーンズ祭、国際ガストロノミーコンクールであるザ・ネイティブ・クッキング・アワード、オーガニック収穫マーケットなど、年間を通じて様々な催しを行っています。営業時間については、ウェブサイトをご覧ください。

お問い合わせ:

The Native Cooking Award 2016
Knuthenlund Gods,
Knuthenlundvej 7B
DK-4952 Stokkemarke
Denmark

P: +45 54 71 13 80
E: info@knuthenlund.dk
www.nativecookingaward.com